子供が学校から帰った後は、友達の家に遊びに行ったり習い事に向かったりと、幼児期よりも行動の範囲は広くなります。一人で出歩くことも増えますので、保護者はいつも見守っていることができない分不安が大きくなります。子供の安全を守るためには家庭内で危険な目にあわないためのルール作りをすることが重要であり、対策としてGPSを持たせるのも一つの方法です。GPSにも様々な種類がありますが、価格だけで選ぶのではなくて機能面が充実しているものを選ぶと使い勝手が良くなります。

最低限必要な機能として、保護者への通知は手動と自動のどちらもついているものが良いかもしれません。自動の場合、更新頻度は1分から60分の間で設定できることが多いのですが、1分で設定できるかを調べておくと良さそうです。このような設定の範囲は機種ごとに違っていて、一定の時間帯だけ1分間隔でデータを受け取ろうと考えていても、契約する機種によってはそれができません。更新頻度は重要なポイントになりますので、業者の方でも分かりやすく記載されているはずです。

手動のボタンに関しては、どこのGPSを選んでも基本的には変わりません。行動履歴を確かめたい場合、過去のどれくらいの期間をさかのぼる必要があるのかが重要なポイントです。子供の1か月の行動をまとめてチェックしたい人は、1か月分のデータが蓄積されるGPSを選ぶことになります。短いものでは2週間程度までしか保管されないケースもあります。

子供服のアウターのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です